※1月10日までの限定公開になります。

 

ラインブレイクを自動化出来るという

”タートルEA”

が、先日遂に解禁となりました。

公式ページはこちら

 

 

「ラインブレイク」とは、特定のレンジ幅を抜けた所を狙う手法で、

いわば王道的なロジックですね。

相場のレンジ幅を自動で抽出!

 

レンジ場はとは?

相場に出現する、一定のレンジスパンの事。

この「レンジ幅」を上下に抜ける事で、

そちらの方向にブレイクする確率が極めて高くなります。

 

例えばこんな感じですね

 

相場って、ハッキリ言ってこの「ブレイク狙い」の繰り返し。

デイトレードの場合、基本的にブレイクを狙うのが鉄則ですね。

 

しかし、レンジブレイクはダマシも多く、

そこそこトレード経験が無いと判断が難しいのです。

 

そこで、「スキャルパーフェクト」でも有名な奥谷さんが、

ブレイクアウトに特化したロジックをEA化に成功。

 

さらに言えば、このEAは、「タートルズ」の手法が落とし込まれており、

トレンドの勢いを上手く利益に変えていくロジックです▼

 

似たようなEAは、この他にも沢山出回っていますが、

15分足・30分足推奨なので、かなり精度が高いロジックです。

現代に蘇る「タートル魔術」なのか?

 

私もこの、タートルEAを実際に使用してみましたが、

トレンドが出ている時は、ポジション「ホールド状態」であったりと、

なかなか上手く出来たロジックだと感じました。

 

タートルEAは、3つのポジションを同時に保有し、

トレンドに応じて分割して決済します▼

 

◆ポジション1・・・素早く利益を確定

◆ポジション2・3・・・トレール機能で利益を最大に追求

 

これ、裁量判断でも出来なくはないのですが、

裁量ですと、どうしても「プロスペクト論」が邪魔をしてしまい、

含み益を直ぐに「利益」という心理が必ず働きます。

 

「もう少しポジ持っていれば良かった。。。」

。。。そんな経験って有りませんか?

これは損切り貧乏を繰り返している人も共通した心理ですね。

 

例えば、こちらのドラストのロジックのように、

後に振り返ると、大きなトレンドであった場合に、

上記のような失敗をしがちです。

 

決して、損をしている訳では無いのですが、

後から振り返るとやはり悔しい気持ちになります。

 

しかし、こちらのEAあであれば、

一度のエントリーで、大きな利益を狙っていきます▼

 

 

ただ難点なのは、トレンドが発生しないと利益に繋がりにくい事。

年末年始や、イベント前のような「長期レンジ」ではチャンスが激減します。

 

しかし、その様な動きが曖昧な相場は、リスクも高いので

トレードには適していません。

 

ブレイクアウトロジック

という性質上、スキャルEAに比べチャンスは少ないですが、

 

相場の方向が出たタイミングを狙えるので、

効率的なのかも知れません。

タートルEAの詳細を見てみる

 

指定の箇所にラインを引くだけのシンプルロジック

 

「ラインを何処に引けばいいの???」

ここが一番重要ですよね?

 

付属のツールを使う事で、何処にラインを引けば良いのが一目瞭然なので
初心者の方でも直ぐに判断出来ます

 

ラインを引いたら、あとは「完全自働」です。

エントリーから、利益確定の様子はこちらの動画でも公開されています

 

ロスカットは、一定のレベルになります。

15分足推奨なので、損切り幅がやや深めに設定されていますので、

資金・相場に応じて調節も有りかと思います。

海外口座のほうが実践に適している

 

自働売買(EA)なので、レバレッジ25倍の国内口座よりも、

断然海外ブローカーのほうがオススメです。

 

しかも、国内口座はレバレッジ10倍規制が掛かるの可能性が濃厚なので、

今後新規でFX口座を開設するのであれば、

わざわざ「稼ぎにくい国内口座」を選択するのは、愚行です。

業者に資金を呑まれて終わる可能性が高いでしょう。

 

自働売買なら、尚更、機能面に特化した海外口座の開設をお勧めします。

よく、「ハイレバレッジ」はリスクが高いと言われていますが

そんなのは嘘です。

 

同じロットであれば、レバレッジに関係なく損は一緒です。

であれば、資金効率の良いハイレバレッジの方が有利なのです。

 

奥谷さんのEAも、海外ブローカーを使用した方が、

コストパフォーマンス的にも有利だと言えます。

奥谷さんの「タートルEA」の詳細はこちら