【5分足・1分足 スキャルピング 手法】高勝率エントリー判断方法とは?

スキャルピングの手法って大きく分けて
「順張り」「逆張り」がありますね。

一般的には、「順張り」エントリーのほうが、
トレンドの出た方向にエントリーを繰り返していくので、
初心者には推奨されています。

ですが、相場というものは様々な動きをします。

毎回同じ手法で攻めるよりも、
相場に応じて手法を使い分けていくのが最善です。

特に、5分足・1分足の様な短期スキャルの場合、
この傾向が高いと言えます。

インジケーターを使った1分スキャル

【名称】Finally Scalping(ファイナリースキャルピング)
【手法スタイル】1分スキャルピング
【専用サインツール】あり
【お勧め度】

※利食いの目安は10~20pipsと控えめですが、押し目・戻りを狙ってきます。
専用のインジケーターが付属してくるので
即日で実践が可能

【商品本体】
1.マニュアル
2.MT4用 インジケーター2種
 うち一つはオリジナルインジケーター「AT_Change_Flow」
 戻り売り、押し目買いに抜群の威力を発揮します。
 このインジケーターだけでもかなりの価値があります。
3.MT4用 テンプレート

※備考:メインロジック以外に
販売者独自の「裏ロジック」も特典として受け取れます


詳しくはこちら

 

超シンプル!1分足のみのエントリー判断方法

この方法は「価格帯」を意識した物凄くシンプルな1分足ロジック。

慣れるまでにコツを要すると思いますが、
連取の積み重ねで次第にコツがわかるようになってくると思います.

この方法は、モンスタースキャルと言う手法で、1分足を使います。

しかも見るのはたった1本のローソク足のみ。

本当にこんなので勝てるのか?
という疑問を持つかもしてませんが、

明確な根拠の元、ある価格帯・時間帯を意識した手法なので
非常に勝率が良いロジックです。

ここがポイント!


陰線なら=「売り」

陽線なら=「買い」

たったこれだけです。
これなら初心者の方でも手法の仕組みを理解出来ると思います。

>>>ロジックの詳細はこちら

この手法は特定の時間帯と価格帯を意識するので、
1日中PCン張り付く必要はありません。

5分足・1分足スキャルでトレンドに乗る為のコツは?

基本、私の場合、

5分足スキャルは「逆張り」でエントリーします。

しかし、決して5分足だけの流れを見ているのではなく、

15分足以上のローソク足、特に1時間足や4時間足の流れを重視し、

その上でエントリーを判断していきます。

 

スキャルピングの場合、

ロットを上げて短期で利益を狙って行くのが基本ですが、

別に低ロットであっても利益に繋げられればOK.

スキャルピングだからと言って、高ロットにこだわる事は無いと思います。

特に、初心者の方は、いきなり高ロットでの取引は要注意です。

幾ら資金が豊富であっても、

何の知識も無いのに無謀な取引を繰り返すと、

あっという間に資金を溶かしてしまう危険性があります。

FXは決してギャンブルでは無いので、

それこそエントリーの判断がその後の勝敗に大きく影響します。

長期足の方向の確認

 

まず、エントリーの前には1時間足の動きを必ず確認するようにしています。

と言うか、私の場合、

常に表示している時間足は1時間足です。

1時間足で方向を確認し、5分足でエントリーを判断します。

その理由は、

1時間足で上向きトレンドであっても、

短いローソク足では下がっていたりします。

 

スキャルピングはスピードが勝負なので、

ローソク足の細かい動きにフォーカスする事が求められます。

多くのFX情報商材は5分足メインでトレードするものが多く、

初心者の方は5分足だけ見ていればよいのかと勘違いしがちです。

また、短いローソク足の方がエントリーチャンスが多く、

それだけ沢山の利益に繋がると勘違いしがちです。

 

確かに、5分足の様な短期足は他の長期足に比べチャンスが多いのですが、

相場には「スプレッド」「スリッページ」などもあるので、

無暗に何度もエントリーする事は逆効果な場合もあります。

ですので、

一時間足の方向を頼りに

5分足で押し目を狙う

この方法を私は長年繰り返しています。

※この場合、1分足や5分足での目線は逆張りになります。

ここでお勧めのスキャルロジックがこれ▼

「超」秒速スキャルFX ・成功のイデア(※ここだけのありえない特典追加)

 

実はこの「超」秒速スキャルFX」は、

新たにバージョンアップされた人気のロジック

 

秒速スキャルFXの最大の特徴は、

レンジ相場とトレンド相場の区別が容易であること

 

相場は大きく分けて、「レンジ相場」「トレンド相場」に分かれます。

FXで利益を獲得するには、まずは

「レンジか、トレンドの明確な判断」が必ず必要であり、

ローソク足がどちらの方向を向いているかで戦略を練ります。

レンジ相場と言っても動き方はその時によって様々。

ボラティリティーが高い時ほど利益に繋がり易いと思います。

超・秒速スキャルFXの詳細はこちら

通貨の強弱の判断

 

通貨の強弱を判断する事とは、

同時に通貨の相関関係の判断に繋がります。

 

その日どの通貨が強く(※買われている)、

あるいはどの通貨が弱い(※売られている)を判断していく事で、

FXの勝率が確実にアップします。

と言うのも、

為替相場は、色んな通貨の動きが影響しながら

連動して動いています。

 

例えば、クロス円が同時に下がっている場合は「円買い」の可能性が高く。

ユーロ円やドル円で売りエントリーすれば勝ちやすくなります。

反対に、ユーロドルやポンドドルが上昇トレンドであり、

ドル円だけが大幅に下落している場合は、

「ドル売り」である可能性が高くなります。

 

このドル売りの場合、

クロス円も連動して下がる場合もあります。

こちらなどその典型ですね▼

 

所が、同じクロス円であるポンド円は「ポンドドル」と共に上昇しています。

この場合、ドル売りとポンド買いも同時に起こった可能性が高く、

この様に、

通貨の強弱を判断していく事は、

同時にトレンドの方向性を探る事に繋がります。

 

一見、通貨の相関性を見極める事は、

初心者の方には困難の様に思われがちですが、

慣れれば初心者でも簡単に通過の相関関係を判断出来ると思います。

 

是非、上記のリンクを一度確認してみて下さい。

非常にユニークなスタイルのツールです。

 

通貨の強弱を判断した上で、先ほどの

「超・秒速スキャル」のロジックでもってエントリーを判断すれば

さらに手法の優位性を高める事に繋がります。

 

始めのうちは

ドル円と対照的な動きをする「ユーロドル」の2通貨に絞るのもおススメです。

トレードに適しているのはロンドンタイム以降。

場合によってはアジア時間でも多少のエントリーチャンスが到来します。

 

あとはひたすら練習あるのみあと思います。

少しでもスキャルピングで優位性の高い手法を短期でものにしたいのであれば

是非、秒速スキャルFXを試してみる事をおススメします、

手法の詳細はこちら

1分BOの攻略はこちら

概要

【名称】【安心LINEサポート】JET BREAK SYSTEM【1分足専用】
【内容】平均勝率77% 平均月収 33.3万の実績を誇る「1分足バイナリー攻略ソフト

【ストラテージー】
※証券会社の隙を付く「ジェット増利ロジック搭載

【サポート】
LINEサポート付

公式サイトはこちら