まずは以下の2つのチャート画像をご覧下さい

Before

 

After

 

上記は、とある外国人とレーダーの予想チャート。

予想通り、見事に下落方向にトレンドが動いています。

 

しかもチャートを直見てみると、

余計なインジケーター等は一切使用せず、

たった1本のトレンドラインのみで相場の方向を判断しています。

 

この外人トレーダーは勿論プロトレーダー。名前こそ世に知られていませんが、

海外ではこの程度のレベルのトレーダーはゴロゴロいます。

しかも、チャートの使い方が至ってシンプルですね(^^)

 

デイトレの基本はまずは「その日の抵抗」を見極めていく事!

 

相場には「抵抗」が無数に存在します。

一般的に「レジスタンスライン」「サポートライン」と呼ばれていますね。

これらは自動でチャート上で引かれる訳では無いので、

必要ならばご自身で手動で引いていく必要があります。

 

ラインの引き方について

じゃぁどのようにしてラインをチャート上に引いていくのか?

本、陰線と陽線が2本以上並んでいる箇所に線を引いていきます。

 

正し、レンジの場合はレジサポラインのみでもOKですが、

基本的にはトレンドラインも追加していきます。

 

私の場合、基本的にチャートはシンプルに使うのを好むので、

基本はラインのみで相場の方向を判断していきます。

チャートはシンプルに使った方が方向を判断しやすくなる

。。。。。と聞いたので、数年前から実行。

 

今では、私のデイトレードの基本戦略はほぼライントレードに依存しています。

ライントレードは世界中のトレーダーの間でも人気の高い手法でもあるので

勝ち続ける為には覚えておくと非常に有利です。

ライントレードを取り入れるメリットとは?

 

↑こちらはよくありがちな「複数の移動平均線」を追加したチャート。

これだけでは天井・底を判断するのがやや困難です。

 

トレンドは一度発生すると一方に動いていく性質が有るのですが、

余程経済的なイベントで無い限り数時間程度で収まるのが普通です。

特に、上昇トレンドの場合は一気に下落する場合が多いので要注意。

 

そこでこの様にラインを追加していきます

 

上記のチャートはあくまでも「予想チャート」に過ぎませんが、

可能性敵に上記のように動いていくパターンが高いと思われます。

 

なぜ、上記のような予想チャートが存在するのか?

ローソク足や、ヒゲが「抵抗」にタッチあるいは「上抜け」することで、

反転する可能性が高いからです。

 

一般的に、チャートは予想してはいけない!!

なぁんて事を堂々と描いている書籍もたまに見かけますが、

勝っているトレーダーのほぼ100%と言って良いくらい

ある程度相場の動きを予想した上でポジションを建てていくのが普通です。

 

良くある経済学者が述べている「投資概念」よりも、

現役のプロトレーダーがどのように相場を分析しているのかを研究していくほうが

よっぽどトレードスキルが身に付きます。

ライントレードをもっと詳しく知りたい方はこちら

ライントレードに出来る事とは?

まずはこちらのチャートをご覧下さい

 

上記はポンド円の1時間足チャート。手前に売りエントリーサインが確認出来ますね

私がエントリーしたのは「ブレイク」開始直後です。

 

ライントレードを追加するとこうなります

 

見事に2本のトレンドラインクロスを下割れしてますね

因みに、トレンドライン同士が「クロス」した場合は、

クロスした部分が「ブレイクポイント」と判断されやすくなります。

 

上記のチャートは「未来予知FX」という最近出たばかりのシグナルソフト

※特典付レビュー記事はこちら▼

未来予知 FXを購入・一か月実践した感想

 

ライントレードというほんの少しの工夫を凝らしていくだけで、

シグナルツールのロジックを強化させる事に繋がります。

 

因みに、上記の「未来予知FX」は凡その未来の相場を予想する事が可能。

エントリー後の利益の見込み確率を自動計算してくれます▼

 

ヒット率50%以上ならほぼ間違いなく利益に繋がり易いので、

何処で決済すれば良いのか判断に迷う方にはお勧めです

未来予知FXの詳細を見てみる

ライントレードは様々な「王道パターン」を判断していく事も可能!

 

三角待合とは、ブレイクの前触れみたいなもの。

相場のほぼ7割(15分足~1時間足)がこの待機パターンである事が多いと思います。

こうした相場の「サイン」を見抜いていく事も利益に繫げていくカギです。

 

実は、相場のサインは数多く存在します。

ここで言うサインとは「シグナルツールのサイン」では有りません。

 

例えばこちらは「Wボトム」の前触れを示した予想チャート

 

下に動くパターンも予想されていますが、

可能性的に上抜けしていくパターンのほうが確率が高いと言えます。

 

上記のチャートパターンの場合は、

上にブレイクするのか、下にブレイクするのかの判断基準は、

付近のラインをどのように試していくかで決まってきます。

 

手前の直近高値をどのように抜けていく(あるいは反発する)かで、

その後のトレンドの方向が定まってくると思います。

 

こうしたチャートを予想していくには、

最低、15分足以上のローソク足を使用する事をお勧めします。

これ以下の5分足や、1分足ではノイズが多く、

中期的なトレンドの方向をしっかり掴んで行くには適していないと考えています。

 

”たった2本のラインを引きだけで、

トレードの勝率を引き上げていく事に繋がる”

これは大袈裟かもしれませんが、ある意味本当なのかも知れません。

ライントレードをもっと詳しく知りたい方はこちら

 

ライントレードは最も王道的な手法だと考えています。

これに「プライスアクション」を加えれば最強ですね☆