~令和時代の新トレードスタイル~

Time Saving FX

講師:澤城由人

 

こんにちは♪YUMEです。

今回のレビュー&検証商材は、澤城由人さんの「Time-Saving FX 」(タイムセービングFX)です。

タイムセービング=時間短縮=時間を効率よく使い、利益に繋げていく

という意味ですね。

 

結論的に、決して真新しい手法ではありません。

ですが、

あるポイントにエントリーを絞り、利益に繋げていく

部分は、決して悪く無い発想だと思います。

講師:澤城由人氏は元香港ビットコインオーナー

 

「Time-Saving FX 」の講師である澤城由人さんは、元ビットコイン香港のオーナーです。

彼は、14年間投資業界に携わっていたとの事です。

投資と言っても、ユーザーを集客するタイプの「ブローカー」ですから、

トレーダーとは目線が少し異なると思います。

 

つまり、勝ち組トレーダーの手の内が丸見えという事ですね。

「Time-Saving FX」とは、

澤城氏がビットコイン香港のオーナーだからこそ辿り着いた

ある成功法則を元に編み出された手法です。

Time-Saving FXの詳細はこちらをクリック

 

1週間に1~2日、それも1日1~2時間程度でOK

 

勝ち組トレーダーの手法って、難しいのでは?

そんな疑問をお持ちの方も多いかも知れません。

 

ですが、勝っているトレーダーの手法というものは

意外にシンプルなものが殆どです。

決して複雑なインジケーターを複数組み合わせる様なややこしいものではありません。

むしろ、負け組トレーダー程、無駄にインジケーターを複数表示させたり、

かえって複雑化してしまい、

エントリー判断をより困難なものにしてしまう傾向が高いと思います。

 

さらに、FXはトレード時間が長いからと言って決して勝てるものではなく、

むしろ、ルールを決めてポイントに絞ったトレードスタイルの方が勝ちやすいと言えます。

 

Time-Saving FXも決して例外ではなく、

「あるポイントに絞った売買ロジック」

に売買を絞ったトレード手法になります。

 

  • 1週間のうち1~2日
  • 1日2時間~3時間程度

 

でOKとの事。

実際には、これよりも若干トレード時間は増えてくると思いますが、

トレードの目線を1に絞るので、

相場の状況によっては効率が良いかも知れません。

短時間で最大の利益を上げる

ユーロドル +60pips

 

実はこの「Time-Saving FX」の具体的な手法とは、

”押し目買いに集約された手法”

なのです。

 

えっ?

押し目買いかよ。。。。

確かにかなり引っ張っておいて今さら「押し目買い」って。。。

という気持ちになりますよね(^^;

 

しかし、押し目買いや戻り売りは基本的に勝ちやすい手法。

ですが、タイミングが重要です。

もちろん、利益確定のタイミング(※トレンドの終点の判断)も大事です。

トレードスタイルは「デイトレード」

『Time-Saving FX』では、

1日に平均1~3回ほどトレードチャンスがあります。
1週間のうち1~2日だけトレードすれば良いので、

だいたい1週間で2~6回のトレードを行うことになります。

 

これはあくまでも目安のお話です。

相場によつてはこれ以下の時も、これ以上の時もあります。

 

正し、

この手法は短時間のトレードで、

利益を最大に伸ばしていく事を目指しています。

 

もちろん、時間に余裕がある場合は、多く実践しても構いません。

様は、相場と手法が見合っていいればトレード可能です。

 

今回私があなたに提供する『Time-Saving FX』は、

【時間短縮型 FXトレードスクール】というコンセプトのもと立ち上げた企画であり

とにかく“効率性”=“時間短縮”にこだわっています。

 

との事です。

「押し目買い」という1つの売買タイミングに絞るので、

それ以外は何も考えなくても良いという事ですね。

 

押し目買いを繰り返すだけで本当に稼げるのか?

。。。。。そんな疑問も湧いてくると思いますが、

 

押し目買いのタイミングを習得出来れば、

自ずと「戻り売り」のコツも身について来る事でしょう。

 

厳密にいえば、押し目買いと戻り売りでは若干ローソク足の見方が異なるのですが、

「トレンドの終点を判断していく」

では共通しています。

 

FXは基本的にトレンドの転換地点を把握出来てしまえば

その後利益繋げていける可能性がグンと高くなります。

こんな人にお勧めです。

 

上記に1つでも当てはまるようであれば

「Time-Saving FX 」を試してみる価値は十分あるかと思います。

 

反対に、既にトレンドにうまく乗るコツが掴めている人は

この商材を購入する必要性はありません。

 

ですが、上記3っのうち「天井掴み」は誰もが経験する失敗の1つです。

基本、相場が伸び切った状態で買いエントリーしても「時すでに遅し」なのです。

皆と同じ考えでは勝てない時も有るんですよねFXって。

 

「押し目買い」は逆張りの手法です。

 

具体的には、下降トレンドから上昇トレンドに転換する際を狙う手法。

「逆張りは勝てない!!!」

。。。。何て考えてはいけません(^^;

 

勝ち具にトレーダーの60%くらいは逆張り目線でエントリーしている事が多いです。

ちゃんとタイミングさえ判断出来れば逆張りも勝てます。

 

この機会に「Time Saving FX」をマスターしてみるのも悪くは無いと思います。

Time-Saving FX参加詳細はこちら