最高評価

yubiデブトレFXの公式ページはこちら

 

これまでの過去に記事にて、デブトレFXの有る程度の内容について検証してきました。

今回は

デブトレFXの抵抗ラインについての検証

です。

attention抵抗幅はドル円、ダウで大幅に異なる

こちらは「ドル円の5分足チャート」です

yazirusiyazirusiyazirusi

上下の抵抗幅は約80pips

 

次にこちらは「ダウの5分足チャート」です

yazirusiyazirusiyazirusi

抵抗幅は40pips

 

ドル円の方が、ダウよりも抵抗幅が広いのは、

ダウよりもボラティリティーが低く、レンジを形成しやすいからです。

 

一方、ダウの抵抗幅が40pipsと狭いのは、

ドル円よりもボラティリティーが高い為

レンジブレイクが起こり易いからです。

 

つまり、

chekm-01ドル円・・・レンジを形成しやすい

chekm-01ダウ・・・トレンドを形成しやすい

ということになりますね。

 

基本的に、ドル円は値幅が小さいので、

1日に200pips上動くことはめったに有りませんが、

ダウは世界的にも取引量が激しい為、

1日平均して数十pips~数百pipsの値動きが見られます。

 

同じ相関性の高い通貨ペアで

なぜドル円とダウでは値動きの幅が異なるのか?

 

恐らく、ドル円よりもダウの取引ユーザーが圧倒的に多い事と、

マーケットの中心地がニューヨークとロンドンに有る為と考えられます。

アメリカの経済はもはや、破産寸前と言われていますが、

最新ののチャート見る限りでは、そうでもなさそうですね^^

 

デブトレFXのメインとなるロジックとは

”ドル円とダウの相関取引戦略”

です。

 

ダウ取引の場合、

ドル円の方向と「エントリーサイン」が同じ方向なら

かなり強シグナルと言えるでしょう

 

NYサイン1

 

個人的な見解ですが、

ドルとダウが同じ方向を向いている時が大チャンスと考えています。

 

理由は、

ダウの方向とドルの方向が一致している場合は、

強トレンド発生を意味することが多いからです。

 

デブトレFXの基本ロジックでも、

順張りエントリーの場合の方が利食い目安が多いのはその為です。

まぁ、逆張りのパターンも有効な戦略と言えると思います^^

 

最高評価

yubiデブトレFXの詳細を見てみる

 

star_special_pink1(3)購入特典について

toku1

chekm-01デーブ森田さんのリアルトレード動画

特典1

 

toku2

特典2

 

そして今なら「デーブさん主宰のディナーパーティー」も付属してきます♪

yazirusiyazirusiyazirusi

chekm-01デーブ森田こと森田真之とのディナーご招待(参加費無料)

特典3

プロの投資家の方と直接お会い出来るチャンスはそう多くは有りません。

※こちらは期間限定です。

早期終了の際はご了承下さい

投資のお話はもちろんのこと、森田さんのプライベートなお話も聞けます☆彡

star_special_pink1(3)当ブログオリジナル特典

sonota

未だ「デブトレFX」をお持ちで無いj方は、

是非私からの特典も受け取って下さいね^^

 

▼購入時には必ず以下の画面の確認をお願いします▼

確認

上記の画面をご購入時に確認出来れば、

その後特典もお受け取り頂けます

yubiデブトレFX【※YUMEのスーパー特典付き】はこちら