カップ ウィズ ハンドルは、強い上昇のサイン

こんにちは♪YUMEです。

本日、読者さんより、あるチャートが送られてきまして、

「このチャートを見て、YUMEさんは上昇すると思いますか?」

と、質問を頂きました。

 

実際に送って頂いたチャートは、ニュージ―米ドルの1時間チャートで、

カップ ウィズ ハンドルらしき形が確認出来るチャートでした。

 

送られてきたのは、こんな感じのチャートです▼

 

一見すると、下降~上昇トレンドに転じるパターンの様にも考えられますが、

私の見解では、買いを入れるのは様子見では?と思います。

その理由について詳しく解説します。

カップ ウィズ ハンドルとは?

カップ ウィズ ハンドル(Cup With Handle)とは、

下降トレンドから、その後大きく上昇トレンドに転換していくパターンのこと

 

 

丁度、マグカップの取っ手の形に似ている状態に似ている事から、

「Handle」というネーミングが付けられたのでしょうね。

 

まぁ、こんなの別に知らなくても勝てますけどね(^^;

さて、読者さんから送られてきたこの画像

(※掲載許可を得ていないので、実際には私が加工したものになります)

 

 

これだけだと何となく、ロングが優勢??

と、勘違いしそうな気がしますが、

 

同じドルストレードである、ユーロドルを見てみましょう▼

 

先の、NZDUSDと同じ1時間足チャートです。

同じドルストレートである「ユーロドル」はやや下落気味ですね。

 

送られてきた「ニュージ米ドル」のチャートが上昇となるには、

要するに、ドル売りが先行すれば、上昇の可能性が高くなります。

 

しかし、ユーロドルと比較する限りでは、

一時的にドル買いになる可能性が十分有るので、

ここで、NZDUSDでロングで入るのは、未だ早いと思います。

異なる2通貨ペアを比較すれば、一目瞭然!

◆上段・・・NZDUSD

◆下段・・・EURUSD

 

どうでしょうか?

2つの異なる通貨ペア同士を比較すれば一目瞭然ですね。

 

この場合、ユーロドルが下落すれば、

対ドル通過である「NZDUSD」も下がる可能性が高くなります。

 

よって、この2通貨ペア同士が共に買いの方向に修正されつつ有る時が、

ロングで入るタイミングだと判断します。

カップ ウィズ ハンドルはダマシも多いかも?

 

一見、かなり強い勢いで上昇が考えられるパターンなのですが、

しっかり抵抗などに注意しないと、ダマシが多いパターンです。

 

仮に買いを入れるのであれば、

直近の「山」を大きく抜けるのを待つのが賢明です。

 

投資には、数学の様な100%の公式などは無いので

何とも言えない部分もありますが、

 

要するに確率論で攻めていくのです。

トレンドの発生する高いタイミングを狙ってエントリーするのが

理想的なトレードなので、

 

少しでも無駄なポジションを回避していくには、

上記のようなダマシをしっかり見抜くのもポイントです。

 

まぁ、今回は週末のチャートを使ってのご質問だったので、

チャート分析がスムーズに行えたのと、

こうした質問を積極的にしてくる人は

投資に対して熱意を感じますね(^^

 

可能な限り、こうした質問への回答も行ってますが、

絶対の保証は無いので予めご了承下さい。

まとめ

 

実は、私はNZDUSDは取り引きしないので、余り見ません。

良く見おるのは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、ポンドドル、ユーロドルの5つです。

 

しかし、同じドルストレートであるので、

普段使わない通過ペアで有っても、

有る程度のテクニカルを分析する事に慣れていれば

どんなチャートでも、そこそこ予想を立てることは十分可能です。

 

ここで注目したいのが、

ユーロドルのブラストチャートが売りサインを出していること▼

 

これにより、NZDUSDも下がる可能性が高いと判断したのです。

 

まぁ、あくまでも適当な文責なので

外れるかも知れませんがね(^^;

参考になれば幸いです☆

 

いずれにせよ、「Black AI ストラテジーFX」は

色んな意味で応用が利くので結構おススメです。

今回の「カップ ウィズ ハンドル」も、上手くすればダマシを見抜けます♪

 

Black AIストラテジーFX関連記事