本日は雇用統計の発表が有ります。

前回の結果が「13.8万人」であったのに対し、 今回の予想は17.8万人とやや高め。

この為本日のクロス円は朝からやや「買い優勢」な基調を維持しており、

このトレンドにのって、 何と、70pipの利益を取る事が出来ました(^^♪

 

この時のチャートがこちらになります▼

ドル円&ユーロ円 +71pips

【結果】

 

雇用統計の発表前は、レンジになりやすい事が多く、

直前まで値動きが乏しい事が多いのですが、

 

今回はアメリカの経済状況と、予想が前回の結果よりもやや上回っている為か、

強い買いの勢いを感じます。

 

まぁ、これで予想よりも大幅に少なければ、一気に「失望売り」が進むでしょうし、

仮に予想よりも良かったとしても、

多少上回った感じではこれ以上の上昇は無いと見ています。

 

ただ、予想の17.8万人よりも大幅に結果が上回れば

一気にドルが買われる可能性も十分有りかとおもいます(^^

 

ちなみに、今回のトレードで参考になったロジックは以下の2つ▼

トレンドディスカバリーFX

 

この、「トレンドディスカバリーFX」は、通貨の強弱を見極めることで、

トレンドの発生を判断していくという手法

【参考記事はこちら▼】

 

はて、

”通貨の強弱なんぞや??”

と思うかも知れませんが、

トレンドって、その日によってどの通貨が買われている(売られている)かによって、

チャートの形成の仕方が異なってきます。

 

例えばこちら▼

 

ユーロが強くて、ドルが弱い状態。

つまり、ユーロ買い・円売りですね。

 

ユーロが急激に買われる場合、

ユーロドルも上昇しやすくなり、ドル円も底固い状態が続きやすくなります。

 

今日なんかが良い例ですね▼

 

ちなみに、ドル円はレンジだけど、底値が堅いという感じでした。

 

 

ユーロが買われ、ドルが若干売られ気味。

円が一番弱い通貨と言うことになります。

 

ですので、上記のパターンは

ユーロ円で買いエントリー、ドル円で買いエントリーしていけば

勝ち易くなるのです。

 

トレンドディスカバリーFXが

未来予想FX

と呼ばれているのもその為です。

 

もっと詳しく知りたい方は、是非公式ページをご覧になってみて下さいね▼

未来予想ロジックの詳細を見てみる

 

トレンドの発生の仕組みを知る事が出来るのは勿論のこと、

事前に有る程度のトレンドの方向を予測出来るので

非常におススメのロジックです(^^)

 

あと、エントリーのタイミングですが、

ドラゴンストラテジーFX何か結構おススメです☆

 

トレンドの乗ってしまえばコツ地のモノ!!

なんですよねFXは。