ドル円はここ数日間における地政学リスクにより、

先週末には108円台後半までに落ち込む展開となりました。

 

私は金曜の夜(4月14日)にスキャルトレードに挑みましたが、

いずれもクロス円全般が重い状態であると感じ、

その日は週末という事もあり、それ以上のトレードを控えることに。

ドル円は4月11日を堺に2円近く下落

 

ドル円は4月11日を堺に、2円近く下落しています。

この4日程前の4月6日に、アメリカはシリアに向け59発のミサイルを発射。

丁度同時刻に、トランプ大統領は中国の国家主席との晩さん会の最中の出来ごと。

お二人はデザートのチョコレートケーキを食べて居た時トの頃です(^^;

 

一方、ユーロ円も、同日を堺に115.20付近まで下落

 

ドル円、ユーロ円同じようなタイミングで一気に下落していますね。

週が明け、ドル円は108.60から、108.80付近まで「上窓空け」でオープンしましたが、

1時間後には窓が埋まるような形で週末の安値を割り込む展開に。

 

米・北朝鮮両者緊迫する中で、

日曜日の4月16日早朝、北朝鮮のミサイル失敗のニュースが出た時は、

ちょっとびっくりしましたね(^^;

 

仮に米国が、この先何らかの形で北に制裁を行なうような事態が起これば、

北も黙ってはいないと思うので、

何らかの反撃態勢と取る可能性が十分考えられます。

 

そうなると、市場はリスクオフの流れに追い込まれることが極めて高く、

急激に円が買われる展開が考えられます。

リスクオフとは?

 

この用語、英語になじみの無い日本人からすると、凄く紛らわしく感じる用語なのですが、

リスクオフ」とは、相対的に安全と思われる資産に資金を移すことを意味し、

安全性の高い日本円などが買われ易くなる状態です。

 

金融危機が起こりそうな時は、決まって「リスクオフ」の流れとなる事が多く、

最近では、イギリスEU離脱選挙の時の、ドル円7円下落が記憶に新しいですね。

 

今回のアメリカの中東・北朝鮮との地政学リスクにより、

この先あまり宜しく無い展開となれば、

ドル円を初め、様々な金融商品に大きな影響を及ぼすことが考えられます。

我々個人トレーダーが取るべき行動とは?

私もそうですが、米国に関連したニュース、(特に軍事・経済関連のニュース)は、

とりあえず一通りチェックしておこうと考えていますが、

 

最終的には

”チャートの動きが全て”

なので、

 

チャートの動きに従うことが、

生き残る術だと思います。

 

いずれせよ、先週からの米国の動きを視野に入れると、

十分な警戒が必要になると思います。

 

こんな時

”塩漬け”

絶対に禁物ですね(^^;

 

下落や、上昇が進んだ相場であっても、

必ず「節目」が存在するので、

 

下がっている(上がっている)からと言って、

トレンドの一時的な底や、天井で順張りでエントリーしてしまうと狩られるので、

そう言った意味でも注意が必要になって来ると思います。

 

いずれにせよ、相場はかなり緊迫した状態なので、

今後も慎重に行動していこうと思います。