検証:トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-

ゴールド新

評価A

評価 93点

http://minnade-fx.com/

minnafx

【関連記事】

【概要】

プロが注目するライン・ゾーンを自動でチャート上に表示。

初心者でもプロ目線のトレードを簡単に実現することが可能

 

【トレードスタイル】

15分足メインデイトレード

 

【エントリーチャンス】

1通貨ペアなら、1日平均3回くらい。複数の通貨ペアで稼働させることで

1日10回程度にアップする。

※相場の状況に応じて異なる。

 

【教材レベル】

初心者~中級レベル

内容的にやや高度な内容ですが、インジケーターを使うので

初心者でもスムーズに理解出来ると思います(^^

リアルセミナー開催の知らせ

※定員になり次第終了します

東京・大阪・名古屋で開催される

 

古橋さんのリアルセミナーに無料で参加可能です。

みんなでFXの公式ページはこちら

 

こんにちは♪ゆめです^^

販売者の古橋弘光様より直々に検証依頼を頂きました。

私のようなFXブログを展開していると、

時々、販売者の方から直々のオファーを頂くことも有ります。

 

早速販売ページを拝見してみて、

複雑数式×経済学を元に導き出される

「ある計算式」

などと、

 

何やらプロ専門の難しい~~雰囲気が感じられ、

難解な数式や、計算が必要なのかと思いきや。。。

決してそんなことは有りません。

 

むしろ、投資を行う上では

”絶対に避けて通れない道”

。。。。

とでも申しましょうか?

 

投資で勝ち続けるべきポイントを

独自のインジケーターを使いながら詳しく解説しているので、

是非、抑えておきたい内容だと思います。

「みんなでFX」はプロ思考のトレード戦略です!

minnafx2

 

数理学×経済学をベースに導き出した

「ある計算式」に基づいた「プロ目線の売買ポイント」を自動でチャート上に表示

未来の値動きを想定した「トレード戦略の構築」

即日で実践していくことが可能になる

 

というのがこの「みんなでFX」の大雑把な内容になります。

実際にトレードするに当たっては、専用のインジケーターを使いますので、

販売ページに有るような複雑な計算などは一切不要です。

 

それも、この「みんなのFX」は

機関投資家専用インジケーター

とのこと。

「機関投資家」ってなんぞや?

kabu1

 

主に、銀行、ヘッジファンド、証券会社、保険会社、年金基金などの大口の投資家です

日本のGPIF(年金運用独立法人)もこれに当たるとされています。

 

機関投資家(大口投資家)は、中期・短期と運用スタイルが異なる傾向が有りますが、

マーケットに投入する資金が巨額である為、

市場に与える影響は非常に大きいものとなります。

特に、全体の60%を占める外人投資家は市場を動かす大きな力を持っています。

 

逆を言えば、

機関投資家達の動向を掴めれば

投資で勝つことは難しい事ではありません。

 

では一体どのようなインジケーターを使って

実際に売買を行っていくのか?

この辺についても詳しくご説明しましょう^^

「みんなでFX」専用インジケーター「Rising Sun」とは?

何処に「仕掛け」が有るかおおよその検討が付く!

risingsun

 

相場には様々な抵抗が存在ます。

「みんなでFX」では、「F-Zone」「F-Lime」「Heikin BG」いう3種のインジケーターを使用し、

そこへ「EMA」を加え売買を販売していきます。

 

チャート上に表示されるゾーン及びラインは抵抗であり、

PIVOT計算式のような方法で自動で算出されるものと考えられます。

 

「Rising Sun」と古橋さんが命名しているのは、

毎朝7時にライン・ゾーンが更新される為と思います^^

Rising sunとは、日の出という意味ですのでとても分かり易いですね。

F-ZONE、F-LINEラインの読み方

上記のチャートを実際にMT4に入れるとこんな感じです

risingsun2

 

acceptF-Line・・・重要なライン=抵抗

acceptF-Zone・・・抵抗幅?※この付近はもみ合いが起こり易い

 

この2つは一種の抵抗と判断出来ます。

つまり、この付近は反発が予想される部分でもあり、

上部・下部になるほど反発の確立が高くなります。

 

この様な付近には

ヘッジファンド・機関投資家が注目しやすい部分であり、

様々な仕掛けが施されていることが多く、

逆を言えば、彼らの思惑を利用して大きく稼ぐことが可能になります。

 

また、利益確定の目安になることは勿論のこと、

無駄なトレードを防ぐ意味でも絶対に抑えておくべきポイントです。

Heikin BGについて

risingsun3

 

3っめのインジケーターは「Heikin BG」です。

主に、長期足目線で売買ソーンを色別で表してくれるインジケーターです。

赤帯・・・・上昇ゾーン

青帯・・・下降ゾーン

 

FXにある程度練れていれば、別にこれは無くても大丈夫なのですが、

不安な人は是非インストールしておきましょう。

 

ちなみに、トレンドというものは、

資金力が豊富な大口の機関投資家・銀行投資家などにより形成されます。

個人トレーダーと、大口の投資家では相場に及ぼす規模そのものが異なります。

 

a1個人トレーダーと機関投資家の違いとは?

 

大口の機関投資家(プロを含む)は、

その日の相場を徹底的に分析しながら根拠の有るトレードスタイルを貫くことに対して、

個人投資家(※特に初心者)は、その場の感情を頼りに売買を判断していること

 

個人トレーダーと、大口の投資家では資金力に圧倒的な差が有るので、

どうしても個人トレーダーは不利な立場にあるのです。

その為、投資で勝ち続ける為に

プロ目線の戦略を取り入れることは、非常にメリットが有ります。

教材コンテンツについて

みんなでFX専用サイト

contents1

コンテンツは、は大きく分けて

「初心者ガイド」「FXで勝つための戦略」「ツール解説&トレードルール」

の3っの部門に分かれます。

 

単純にツールのインストールや、トレードルールの解説だけでなく

プロがどんなタイミングで投資を仕掛けていくのか?

など、

古橋さんが長年のディラー経験を生かしたコンテンツも用意されています。

 

FX初心者入門ガイド

contents1

証券会社のやらび方のコツや、FXの注文方法など、

FXを行う上で必要な知識を学ぶことが出来ます。

投資が全く初めての方や、FX経験が浅い方はここから入ることをおススメします

 

「みんなでFX」 ~FXで勝つためのストラテジー

contents

ここでは、バルサラ破産率や、ファンダメンタルズの役割など、

投資の世界で生き残るための術が動画で詳しく解説されています。

機関投資家が相場にどんな影響を与えるのか?など、

絶対に知っておくべき事が詳しく解説されています。

 

「みんなでFX」 インジケーター設定編

contents3

「機関投資家インジケーター」のインストール方法や、

メタトレーダーへの反映方法など、動画で詳しく解説。

※インジケーターのパラメーターの数値もここで変更します

 

「みんなでFX」インジケータートレード編

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e7%b7%a8

インジケーターを使った具体的な売買手法の公開

わずか4っのエントリーパターンで利益を確保していきます

 

内容をざっくりまとめるとこんな感じ▼

【コンテンツ概要】

icon-check02-red初めに

icon-check02-redFX初心者入門ガイド

icon-check02-redFXで勝ち組になる為の概念とは?

icon-check02-red機関投資家専用インジケーターについて

icon-check02-red機関投資家専用インジケータートレード編

icon-check02-redその他

 

当然、「みんなでFX」のメインとなるのは、

後半の「インジケーターの解説&具体的なトレードルール」になるのですが、

 

それよりももっと大事なのが

「FXで勝ち組になる為の概念」で公開されている「バルサラ破産率」です。

バルサラ破産率とは、

自己資金に対しての勝率と損失の割合から導き出される破産の確立のこと。

自己資金に対しての損失の割合を1%程度に抑えるのが理想とされています。

 

勿論、無駄な損失を防ぐためには

根拠の有るトレードを繰り返すことが重要で、

「みんなでFX」もそのうちの1つと言えるでしょう。

講師:古橋弘光氏の思惑とは?

furuhassi

 

まるでFX商材は全て詐欺だ!。。。と言わんばかりの勢いですね(^^;

確かに、FX商材は「お金儲け」が絡んで来るので、詐欺的な物も有りますが、

決して全てがそうであるとは限りません。

ちゃんと真剣に取り組めば、きちんと勝てる商材も有ります。

 

ただ、証券会社のディリング部門責任者を20年間経験した古橋さんからすれば、

開始5~6年程度で「自称プロ」を名乗るような個人トレーダーの商材など、

ほんの「お遊び」にしか捉えることが出来ないのかもしれません。

 

今回の「みんなでFX」とは、

金融業界での知識やノウハウを 全て積み込んでんだもので、

今までのFX業界では決して外に出ることがない 情報であり、

ある種、門外不出の 「秘伝の手法」

とでも言いたいのかもしれません。

「みんなでFX」の実践のメリットとは?

po1

トレードルールが明確!

lule

 

基本は抵抗を意識した「逆張り」Or「ブレイクアウト」です。

ライン・ゾーン付近では必ず何らかのアクションが起こり、

未来の相場の動きが面白いほど分かるようになります。

 

このライン・ゾーンを元に売買を判断していくため、

利益確定・損切りラインを一瞬で判断出来るのです。

 

po2

常にプロ目線のトレードが実現!

lule2

 

「なぜドル円は100円付近で反発が起こりやすい?」

「ポンド以外なぜ、Brexit最安値を割り込みにくいのか?」

。。。。。

。。。。。

など、相場には「攻防」と呼ばれる幾つかの抵抗が存在し、

重要であるほどアクションを起こす確率が高いのです。

 

これ以外にも、「PIVOT」など、

デイトレードで意識されやすいゾーンが多数あります。

 

これらのラインを意識することで

同時にプロ目線でのトレード戦略が自然と身に付きます

 

勝っているトレーダーにとっては当たり前のポイントかも知れませんが、

初心者の方はイマイチピンと来ないかもしれません。

そんな方は是非「みんなでFX」を導入してみることをおススメします^^

総評

評価 93点

 

「機関投資専用インジケーター」というのは、

実は、ダウ理論を元にしたライントレード手法そのものであり、

 

ダマシをカバーする為の方法も公開されているので、

有る程度練習を積めば、初心者の方でも十分手法を理解でき

結果へと繋げることが出来ると思います。

 

ただ、残念なのは、「機関投資家」達が意識するラインとは

具体的にどんなタイミングで形成されていくものなのかにしいて

もう少し詳しい説明が欲しかったですね(^^;

 

ただ、

「Rising Sun」で表示されるライン・ゾーン付近では

必ずと言って良いほどアクションが起こり易いので

トレード戦略において有利な展開をもたらすと思います。

 

みんなでFX 特典付き参加はこちら

risingsunt

 

 特典のご案内

購入者全員、古橋さんの「無料セミナー」に参加出来ます。

※席が埋まり次第終了となります。

機関投資家が意識するラウンドナンバーとは?

%e7%89%b9%e5%85%b82

相場はキリの良いレートで大きく動きやすくなります。

その理由について古橋さんが詳しく解説します♪

YUMEオリジナル特典

※ここからは、当サイト完全オリジナル特典です♪

これまでのレポートとは全く異なる内容です
こちらも勝ち逃げを狙って行きます♪

期間限定

ライントレードに特化した「ゴルスパFX」を100倍活用する為の線用ブログ

rainkiz

kihon

goru02089(1)

ライントレードを意識した「ゴルスパFX」基本のパターンです

ouyou

0929mado(1)

窓埋め」など、少しテクニックが必要となる戦略も公開しています

orirepo

gorurepo

kininaru

※ゴルスパFXの必勝パターンを公開しています。

gorunaiyou

※ゴルスパをお持ちでなくとも、活用出来るノウハウです

yumescal

yumesikiv

tvh

toku5

レンジブレイクのエネルギーを「利益」に変えて行く方法とは?

※こちらも完全オリジナルです

追伸

yume

 

FXって、

”正しいノウハウを覚えてしまえば

一生使える財産みたいなもの”

なのです。

 

この「みんなでFX」で公開されている手法とは、

決して難しい難解な手法ではありません。

売買ルールそのものは極めてシンプルです。

 

とはいえ、動いているチャートで

イザ動画の通りに実践を試みようとしても

初心者の方はコツを掴めるまでに練習が必要になります。

 

しかし、「複雑な計算式で導かれるポイント」と言っても、

専用のインジケーターが全て自動で計算してくれるので、

難しい計算式などは一切必要ありません。

とにかく初めは「ライン」「Zone」を意識してトレードに励みましょう。

 

トレードで結果を出すには、

とにかく相場の本質を読み解訓練を重ねること。

焦らず、あなたのペースで学習に取り組むことをおススメします^^

 

みんなでFX YUMEのスーパー特典付きはこちら