秒速スキャル利食い

 

1分足チャートは、他のどの時間足を除き

絶え間なくレートが動いていますが、

実際に利益に繋がる相場というものは、実はそう多くは無いのです。

 

もちろん、トレーダーによって相場の見方は異なるのですが、

1分足だからと言って、

何処でもエントリーして良い訳では無いのです。

thint「プライスアクション」が勝敗の決め手となるかも??

転換

 

プライスアクションとは、

ローソク足の初動を含め挙動のこと。

 

そして、プライスアクションに欠かせないのが

ライントレードです。

 

「プライスアクション」+「ライントレード」

この2つが1分スキャルの利食いの決め手だと

私は考えています。

 

ローソク足は「抵抗=ライン」付近に近くなると、

何らかのアクションが起こり易くなります。

 

例えば、上昇トレンド発生中に、いきなり反落するのは

その付近に強い抵抗が存在する確率が高いのです。

一般的に、上昇して行くパターンのレートの変化と、

急落した時の相場の変化とでは、圧倒的に落ちる時の方が早いのです。

 

同じ1分スキャルであっても、

売りエントリーを狙う方が勝率が高い傾向にあるのです。

 

少なくとも私はそうです(^^

上昇トレンドは「コツコツゆっくり高値を更新」することが多いのに対し、

一度「急落」のトリガーとなる材料が出現すれば、

それまで上がった分が一気にパーになるパターンなんてザラです。

 

私の場合、

1分スキャルであっても、

必然的に売りを中心に狙うことが多くなるのです。

「酒田五法」が意外と使える!!!

20160204-00000007-wordleaf-0343e19fc15f3a97cd9472159afec215c2011148200007

 

酒田五法とは、江戸時代の天才相場しである佐久間宗久が編み出した

相場転換パターンです。

200年経った今でも通用する唯一の手法。

 

えっ?

相場ってそんなに前から存在するの??

。。。と始めは驚きましたが、

ダウジョーンズ(アメリカの経済通信社)が1800年代に設立されていますから、

この頃に金融相場の基礎が築き上げられていたとしても不思議では有りません。

 

話は「酒田五法」に戻りますが、

その種類は数十~数百と多岐にわたり

全てを制覇するにはかなりの労力を要します

 

そこで代表的なのを上げておきます▼

包み足

 

これは「包み線」というパターンで、下落のサイン

でもってこちらは「はらみ線」という上昇のサイン

はらみ足

 

この他にも「明けの明星」「から傘」など、

酒田五法で公開されている転換パターンは数多く存在します。

 

まぁ、こんなの決して全部覚える必要は有りませんが、

良く頻繁に出て来るパターンだけでも覚えておいて損は有りません(^^

 

酒田五法と言えば、「The Secret FX ザシークレット」が今は人気ですよね。

thesecretfxtop

 

酒田五法を始め、相場の本質が学べるのでお勧めです。

15分足ベースですが、

1分足ロジックにも十分応用が可能です。

ザシークレットの詳細を見てみる