0510geurjpy

 

FXは限りなく自分と相場との戦いです。

「このタイミングで入れば絶対に勝てる!!」

「今決済すれば利益を最大に確保出来る」

 

などと言った瞬時の判断はもちろんのこと、

いかに損失を最小限度に抑え、

利益を最大に引きのばして行くことが大事だと考えています。

 

結局は

マインドが物凄く大事なんですよね^^;

 

毎日チャートとの睨めっこ。

虎視眈眈と相場を監視しながら

タイミングを見計らい利益を獲得し続けていく。

 

これが

私がこれまでのトレード経験で学んだことです。

 

しかし、念入りに戦略を立てた上で戦いに挑んだとしても、

その後一気に相場が急変し、負けトレードとなる場合も有ります。

「相場は生きているから、念入りな戦略の上エントリーしても、

損切りで終わることも決して珍しいことでは無い」

。。。とは言ってもやはり悔しさが残ります。

 

一時、負けトレードが1日に何度も続いた時が有り、

数日で数十万を失った経験も有ります。

 

相場というものは「強者」「弱者」もみな同じ戦場で戦います。

感情をむき出しにしたら

たちまち「強者」の思うツボなのです^^;

 

私がFXを始めたのは、今から丁度5年前。

始めたばかりの頃は、

本当に半ばギャンブルに近い感覚で無謀な取引を繰り返したことも有ります。

当y全、資金は減り続けるばかりです。

 

「これではダメだ!!」

。。と半ば焦りを感じ、

必死で自分に見合う手法を研究し続けました。

 

そこで出会ったのが「ブレイクアウト」や「逆張り戦略」。

この2つは一見異なる手法のように囚われガチですが、

時間足により見方が大きく変わってくることもあります。

 

色んな試行錯誤の結果

ここ2年くらいで漸く有る程度

「勝ちパターンを確立」

することが出来ました。

 

今の私のトレードスタイルとは

”自分の独自ルールを貫き通すこと”

です。

 

なるべく自分のルールを崩さずに

日々のトレードに励むよう心がけています。

 

しかし、それでも決して勝率100%なんかじゃ有りません。

数年前のように、資金を短期で減らすようなことは有りませんが、

やはり負ける時も有ります。

 

投資はひたすらチャートと睨めっこが続きます。

ストレスも結構たまるのです^^;

 

そんな中、1年程前からハムスターを飼い始めました(^^)

14630162298911463356992631

ジャンガリアンハムスター

右・・・ネズ(ブルーサファイア 女の子)

左・・・カリコ(※ケージをいつもカリカリ噛むのでこの名前に^^; イエロージャンガリアン女の子)

 

子供に飼いたいとせがまれ飼う事にしました。

2匹とも同じお店で購入。

家にやってきて頃は未だ生後1カ月くらいで物凄く小さかったんです。

ハムスターはネズミ科なので、

始めは触るのにかなり抵抗がありましたが、

子供は昼間学校なので殆ど私が世話をする羽目に^^;

 

しかし、有る程度期間が過ぎると慣れてくるもので、

名前を呼べば手に乗ってきたり、可愛いものです♪

エサの時間になると、そわそわとケージの中の小屋から出てきたりします。

 

ハムの世話は殆ど私がやっています。

所詮、子供は可愛がるだけで

実際のお世話は私がやらなきゃならないことは

何となく飼い始めの頃から分かってはいたのですが^^;

 

しかし、1日中チャート監視や、ブログ更新が仕事の私にとってみれば

ハム達の可愛いしぐさに本当に癒されます。

エサをほお袋に沢山詰めて、自分のお部屋に持ち帰って後でこっそり食べたり

私がケージに近づくだけで寄ってきたり、

小さいながらも愛くるしさ万点です(^^)

 

負けトレードが続き、少々いらついている時でも、

可愛いハム達を見ているだけで心が落ち着きました。

有る意味、この子達の癒しのおかげで

相場を冷静に見つめることがで来たのかも知れません。

 

そんんなハムスター達を買い始めて1年半近くが達ました。

もう、人間で言うと40歳くらいになります。

 

5月に入り、カリコの体に異変が。目の周りが赤く腫れ呼吸うも苦しそう。

直ぐに獣医に見せるべきでしたが、

その日は午後に外せない用事が有った為カリコを病院に連れて行けず、

気が付いたらケージの中で息絶えていました。。(´A`。)

 

翌日、家族でカリコにお別れをし

大好きなトウモロコシと一緒に土に埋めてやりました。。

可愛がっていたペットとの別れは本当に悲しいです。。

1年半はあっと言う間でした。

 

そして、その2日後の12日の日に、

今度はブルーサファイアのネズが下痢になり、

午後に近くの獣医に診せました。

食欲は落ちていましたが、元気もあるので

抗生剤を処方してもらい帰ることに。

 

その翌日の13日の朝、薬を飲ませ

食欲もやや回復してきたようなので普段通りの食事を与えました。

下痢は収まり一安心でした。

 

所が、翌々日の日曜の朝、

薬を飲ませようとケージをのぞいたらぐったりしていました。

体温も下がっていて、呼吸も苦しそう。

 

日曜なので病院も開いておらず、

とにかく日曜でも見てくれる病院を探しましたが、

その甲斐もなく、大きく息を吸った後

その日の午後3時30分にネズも息を引き取りました。

亡くなる寸前まで本当にネズは苦しんでいたので

見ている方も本当に辛かったです。。

 

ネズが亡くなる1日前の写真です。

この日は未だ安定した状態でしたが、元気が有りませんでした。

1463361851834

 

ここ1週間で2匹の愛ハム達が天国に行ってしまいました。

たった1年半という短い間でしたが

本当に癒される日々の繰り返しでした。

 

私が仕事に打ち込むことが出来たのも

ハム達の癒しのおかげでした。

短い間だったけど本当に楽しかったよ☆

ありがとう、、(。´Д⊂)

 

今日はFXとは内容が異なるお話になっちゃいましたが、

やはり、ここまで仕事に打ち込めたのは

ハムちゃん達の存在がとても大きかったと思います。

 

だからどうしても書き留めておきたかったのです。

ハムちゃん達の思い出を。。

今日、ネズを家族でお別れするつもりです。

 

ネズ、カリコ、今まで本当にありがとう。

天国でも元気でいてね☆

家に来てくれて本当に感謝しています♪

 

私もこれから頑張ります^^